よく寄せられる質問について回答しております

  • 就労移行支援事業所とは?

    一般企業等への就労を目指し、一定期間、一般就労に必要な知識及び能力の向上のための訓練を行う事業所です。また一般就労等への移行に向けて、企業実習、適性に合った職場探し、就労後の職場定着のための支援を行います。標準期間24ヶ月以内での利用となります。コンフィデンス日本橋が就労移行支援となります。

  • 利用するにはどうしたらよいのでしょうか?

    まずは一度お電話にてご連絡ください。事業所見学やご説明、体験実習などからご案内いたします。

  • 利用日数や利用時間は決まっているのでしょうか?

    体調や通院事情などに十分配慮しつつ、就労へ向けて一歩ずつ近づいていけるよう個別に相談の上、対応いたします。体力に自信のない方は週一日(午前・午後のみも含む)から通所できます。ぜひお気軽にご相談ください。

  • 障害者手帳を持っていない場合でもサービスは利用できますか?

    障害者手帳をお持ちでない方についても自立支援医療等と同様の基準でサービスを受ける事が出来ます。詳しくはお問い合わせください。

  • どんな方が利用していますか?

    知的、身体、精神、発達、高次脳など様々な方がいます。また、すべての障害をお持ちの方が利用できます。年齢層や社会経験も幅広いので、実際の企業にいるイメージを持ちやすい環境と言われています。

  • 服装はどうしたらいいですか?

    就労移行支援事業所としてはスーツやオフィススタイルを推奨しています。持ち合わせの無い等ご用意するのが難しい場合はご相談の上対応しておりますのでご安心ください。希望や不安がある場合は、支援員にご相談ください。

  • 社会経験が無い…、ブランクがある…、とても不安なのですが。

    未経験、ブランクのある方もいます。基本操作を学べるプログラムを用意していますので、安心してスタートできます。また、経験のある方は、スキルと希望を確認し、進め方を相談する体制も整えています。

  • パソコンはできないのですが大丈夫でしょうか?

    パソコンが初心者の方も文字入力など基礎的な内容から支援しております。パソコン作業は個別となっているため、ご自身のペースで取り組めます。またパソコンだけでなく作業系の個別支援も対応しております。三つ折り作業、ファイリング、裁断、シュレッダー、PDF化作業等、個別に相談しながら作業プログラムを提供しております。

  • 障害福祉サービス受給者証とは?

    障害者総合支援法や児童福祉法に基づいて運営をしている事業所のサービスを受けるためには、障害福祉サービス受給者証(以下、受給者証)を取得する必要があります。こちらを取得することにより、行政からの給付金を受けながら福祉サービスを利用することができるようになります。

  • 利用料金はかかりますか?

    障害福祉サービスの利用料金(利用者負担額)はサービス提供費用の1割を上限とし、世帯所得に応じて負担上限額が設けられています。また利用者本人の収入状況などによって利用者負担額の軽減措置があります。

まずはお気軽にご相談ください。